デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】

デベロッパー業界への転職をお考えなら

都市再生事業や新規開発、震災の復興事業など、不動産デベロッパー業界はこの最近かなり活況な状況にあります。人材確保も大きな課題で、技術職・営業職問わず積極的に募集が行われています。

転職サイト大手のリクルートエージェントなら、デベロッパー業界の非公開求人も多く扱っています。これから転職をお考えなら、まずはリクルートエージェントに登録しておくことをオススメします。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
リクルートエージェントが多くの転職希望者に選ばれているのには理由の一つは、他の求人情報サイトと求人情報数は同じでも、他では見られない非公開求人件数があるためです。特に大手不動産デベロッパーの案件が豊富で、財務や営業など様々な職種の求人や高収入を目指せる求人が揃っています。また、業界や職種に詳しいキャリアアドバイザーがきめ細かなサポートを実施していて、納得できる不動産デベロッパーへの転職に導いてくれます。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
マイナビエージェントの強みは、マイナビの営業担当が全国の大手企業・ベンチャー企業・優良企業など多くの企業人事担当者と接点を持っている点です。その為、外資系の不動産デベロッパーや海外営業のある不動産デベロッパーの求人に出会えるチャンスがあります。また、1日数回にわたって情報が更新されるので、最新求人情報に触れられるチャンスが常にあります。それから大手不動産デベロッパーへの転職に役立つ情報コンテンツが充実していて大きな強みになります。


ビズリーチ 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
ビズリーチはハイクラスな求職者を対象とする会員制転職サイトで、求人サイトで初めてのコンシェルジュサービスを実施しています。次期社長募集・大手不動産デベロッパー経営幹部公募・急成長ベンチャー企業の経営幹部公募など、一般的な求人サイトでは実施していない案件を取り扱っています。また、求職者の悩みや相談を専属コンシェルジュが電話で回答してくれますし適切な提案をしてくれます。会員制サービスでしか得られない希少な情報の案内も可能で、大手不動産デベロッパーや外資系不動産デベロッパーの転職も希望できます。


デベロッパーの人材事情は?

公共事業や大規模開発案件などが増加傾向にあることから、不動産業界を取り巻く環境はここ数年で大きく変わってきています。また、多種多様な業種が存在している不動産業界ですが、どの業種にも共通しているのが慢性的な人手不足で、この点は大きな問題になっています。しかし、その一方で個人年収が高くて福利厚生も充実している業界で、安定性も認められていることから注目度も高いために、競争倍率が高くて狭き門というイメージが強くあります。

その背景には、即戦力で士気の高い人材を企業が求めていることがあって、どうしても採用基準のハードルがアップしていることがあります。ただ新卒入社に対する採用も少ないですがありますし、即戦力を重視した転職市場であれば新卒採用以上に求人数は多いです。ある程度の営業経験などがあれば異業種からの転職も可能ですし、業界未経験者でも採用の可能性があって、意外にも不動産デベロッパーの求人は豊富なのです。

特に不動産の仲介やリフォームといった中古住宅マーケットの営業系は、活発に人材が求められている状況です。その理由としては、新築価格の上昇に伴って相対的に価格が低く抑えられる中古住宅の購入を考える人が増加しているからです。また、オフィス移転を斡旋するオフィス移転系の営業も人材が求められていて採用熱は高く推移しています。これは景気の変動によってオフィス移転を検討する企業が増加しているからです。

その他注目したいのが不動産投資業界で、低金利の長期化や相続税増税に伴い不動産業界の中でも脚光を浴びています。例えば、マンションの上層階を自宅として利用して、低層階を賃貸として貸し出すモデルなどが流行りつつあります。その為に単に不動産を販売するだけではなくて、相続税や収益性などといったファイナンシャルプランニングの考え方から営業できる人材も求められるケースがあります。

このように、不動産の営業という1点をみても多種多様な働き方があって、様々な人材が求められているのです。さらに言えることは不動産デベロッパーは慢性的な人手不足で多くの人材を求めているのです。それから不動産デベロッパーは、取り扱っている商品が高額ですから、提案力アップや人間力アップなどキャリアを構築することにもつながります。変に競争倍率が高くて狭き門というイメージを持って諦めてしまうのではなくて、理想的な一歩を踏み出すためにキャリアのステップとして挑戦してみることが大事です。

デベロッパーの仕事内容は?

不動産デベロッパーとは不動産総合開発事業のことであり、大規模な宅地造成や市町村の再開発、フィスビルやマンション、あるいはリゾートの開発といった事業を主体になって実施する企業のことです。このようにデベロッパーの仕事内容は、不動産開発で街が変化することによる高い付加価値を創造して、その高い価値を提供することです。つまり、新しい命を吹き込む開発で新たな価値を誕生させて、人が生活する空間を活性化させることです。

一般的なデベロッパーの仕事内容の柱となるのは、用地取得・開発・分譲と販売の3つです。用地取得は通常スタートとなる土地の仕入れですが、土地だけではなくて既存建物の取得などもあります。開発とは企画を立案してそれを具現化することで、建物の建設をはじめとし中古マンションのリノベーションなどを行う場合もあります。分譲と販売はモデルルームで物件案内をしたり、プランの提案などのアドバイスをしたりする最終段階の仕事ですが、その後の管理まで手掛けるケースもあります。これら全ての局面で仕事内容は大きく違いますし、それぞれで求められるノウハウや事業スキルも違ってきます。

その為に各業務は分業化されることが一般的で、それにより効率的に遂行することが可能になります。物件取得では、用地取得担当者が質の高い事業用地を確保するために、様々な情報を入手して徹底的に調べ上げます。その後は、土地の取得を目指すと共に、何をつくればニーズがあるのかなど事業プランを構築します。

開発に関してはゼネコンが担当することが多くて、基本設計・実施設計・施工監理など実際の工事に携わります。ただ、デザインやコンセプトなどについてデベロッパーが関与することも少なくないので、共同作業になると考えておく必要もあります。最後に分譲と販売では物件のコンセプトや特長をターゲットに伝える戦略を立案・実行していきます。

このようにデベロッパーの仕事内容は、それぞれの局面で大きな影響力がありますし、醍醐味を実感できるもので、仕事に対するやりがいは大きいと言えます。しかし、その反面でデベロッパーの仕事内容は相当な激務であることは確かですし、仕事内容を考慮すると求められるスキルも高いと考えておく必要があります。不動産デベロッパーに就職や転職を考えているのなら、まずは仕事内容をはじめとする企業の情報をしっかりとキャッチしておくことが大切です。そして、それらの情報を基に十分な検討することが重要なポイントになります。


Copyright (C) 2015-2018 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.