デベロッパーの転職と学歴

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と学歴

デベロッパーの転職と学歴

不動産デベロッパーへの転職に限ったことではありませんが、転職で学歴が重視されるのかは気になる点です。特に大手不動産デベロッパーへの転職を希望している方にとっては、大きな悩みになってしまう可能性も考えられます。採用条件のひとつとして学歴を設けている求人は全体の半数以上を占めているので、学歴を気にしたり学歴で悩んでしまったりするのも仕方のないことです。ただ学歴が良ければ大手の一流企業に転職できるのかというと、書類選考では有利であっても経験やスキル、人物面を重視するために学歴だけで合否を判断することはないです。また、学歴を参考にしている企業であっても、そのベースにはこの学歴なら高いパフォーマンスを築くことができると考えているだけで、それに匹敵する能力があることを伝えられるのなら学歴がなくても採用される可能性はあるのです。

新卒は学歴社会と言った面がまだ残っていますが、転職に関しては学歴をコンプレックスに考える必要はありません。しかし、書類選考では通過する確率は低くなる可能性は多少考えられます。ただ履歴書を提出するチャンスは誰にでも平等にあることですし、中途採用に関しては学歴だけでなく経験やスキルを重視している企業は多いです。履歴書や職務経歴書などで誇りに思う経験やスキルをしっかりと自己PRとして表現できれば、学歴に関係なく書類選考も通過する可能性は高くなります。転職は経験やスキルさえあれば学歴は関係ないと自信を持って臨むことも大切です。

中途採用の面接は、ある一面で自分の経験とスキルがどの程度会社にとって役に立つかをプレゼンする場と考えることができます。特に不動産デベロッパーへの転職の場合は、面接で自分をプレゼンすることにより、営業・企画などで即戦力になると判断してもらえる可能性があります。また、パソコンやタブレットを使用して作成した資料で自分をアピールすれば、理解してもらいやすいですしスキルを伝えることにもなります。一般的な面接のマニュアルというのはありますが、面接で自分をプレゼンすることはダメとは言っていませんし、PCやタブレットを持ち込んではダメとも言っていません。人と違ったことでアピールすることができれば学歴を一切気にすることはありませんし、面接官も学歴を意識することはないです。転職では学歴をコンプレックスに考えるのではなくて、自分の強みをどのように活かせるかを考えることが大事なポイントになります。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.