デベロッパーの転職と休日

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と休日

デベロッパーの転職と休日

不動産デベロッパーの仕事内容は、主に用地取得・開発と建設・販売と分譲するといった3つで、仕事自体は激務という方も少なくありません。また、不動産デベロッパーに勤務する方の多くは営業職で、用地取得や分譲などの販売を担当することになります。そうなると週末・祝日は見学者が多いため休日出勤になりますし、オープンからクローズまで常駐することが多く拘束時間は長くなります。その他にも事務的な処理や顧客に対するフォローをすることも多いので、考え方や捉え方で違うでしょうが激務と感じられることは確かです。それから、何といってもインセンティブが年収をアップする重要な要素になるので、1軒でも多くと激務を覚悟で働くことになります。その為に休日返上で土日に働くことは普通と言っても過言ではありませんし、好成績を上げるためには激務も仕方のないことと考えるのです。

会社を辞めて転職する理由には一人ひとり違いがあるでしょうが、全体を通して多い転職理由にはいくつかあります。それは、目指す技能の取得やキャリアの形成が見込めない・残業や拘束時間が長い・仕事内容が求めているものと違う・待遇や福利厚生が悪いです。その中でも特に注目したい転職を決めた理由は、残業が多いや思い通りに休みが取れないという点です。この理由を考えると不動産デベロッパーで働く人が一人もいなくなってしまう状況ですが、実際に業界では数多くの方が働いていることは確かな事実です。

一般的に土日が休日ということは家族や友人などとの予定も合わせやすいので嬉しいことですが、平日に休みというのもそれなりにメリットがあります。また、不動産デベロッパーに勤務する全ての人が平日休みというわけではなくて、土日休みの部署がある不動産デベロッパーもあります。それから、いくら激務であっても収入面などで見返りがあれば不満に感じないことも考えられます。

しかし、転職する理由は一人ひとり違いがあるで、どうしても残業が多いことや休日に問題があることで転職を検討するケースもあります。その時に今までの経験を活かしたいと考えるのなら、土日休みの部署がある不動産デベロッパーを選択するのもひとつの方法です。また不動産デベロッパーへの転職を考えている方は、休日面を確認して納得した上で検討することも大事なことです。いずれにしても残業や休日は会社に対する不満要素になる可能性が多いことなので、転職する際には十分吟味する必要があるポイントです。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.