デベロッパーの転職と資格

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と資格

デベロッパーの転職と資格

不動産デベロッパーは、一般的に不動産の販売・賃貸をするイメージですが、実際には不動産のプロデュースというのが仕事です。つまり、宅地造成・オフィスビルの設計開発・リゾート開発・マンション分譲など不動産に関する多種多様な仕事をこなす職業なのです。通常は多くの会社が携わっているのですが、このように全て自社で行うことが可能という点は不動産デベロッパーの特権であると共に魅力と言えます。ただ、どうしても用地を取得してマンションを建設し分譲すると言った仕事が身近なために、イメージだけが先行していると考えられます。

このようにマンションの企画・設計から施工管理に至るまでの仕事をはじめ、販売まで手掛けるといった一連の業務を行う不動産デベロッパーですから、充実感や達成感があるということで就職や転職を考えている方も多いです。しかし、仕事内容から応募するにあたり資格が必要と考えられる方も少なくありません。会社によって違ってきますが必ずしも資格が必要というわけではなくて、求められることは営業力や企画力ということが多いです。ただ、営業にしても企画にしても資格があることは大きなメリットになりますし、企業側としても資格は重要視することが考えられます。

不動産デベロッパーに就職や転職する際に、取得しておくと良い資格には宅地建物取引主任者・不動産鑑定士・土地家屋調査士などがあります。特に、宅地建物取引主任者の資格を取得しておくと有利に働く可能性は大きいです。実は事務所で5人に1人の割合で宅地建物取引主任者を置く義務があることから、不動産業界では必須条件とも言われているのです。

それからマンション管理全般のマネジメント知識を持ったスペシャリストと言われる管理業務主任者という資格も取得しておくと良いです。ただし、この資格のみではキャリアアップにつながらないので、宅地建物取引主任者など合わせることが大切です。その他、司法書士や行政書士の資格も土地売買に関する書類作成を行うことから重要視される資格になります。

このように不動産に関する多種多様な仕事をこなす不動産デベロッパーなので、仕事に関連する様々な資格が存在しているのです。就職や転職のためだけに資格取得を目指すのではなくて、入社してからも必要と考えられる資格取得を目指すことは大切なことです。それによりキャリアアップやスキルアップにつながりますし、個人的な評価もアップすることにつながります。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.