デベロッパーを辞めたい時

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーを辞めたい時

デベロッパーを辞めたい時

高収入・厚待遇、海外勤務、将来性などを考えて不動産デベロッパーに就職・転職する人は少なくありません。しかし、数か月もすると想像以上の激務ゆえに「もう辞めたい」と感じる社員もおおく、1年後には同期入社が数人しか残っていないことも珍しくありません。不動産デベロッパーの業務内容は多岐に渡りますが、社員の6割以上は営業職として日々働いています。営業職であれば、業務内容は不動産の販売です。取り扱う商品の価格が一般商品に比べると非常に高額であるため、販売が難しいのは容易に想像がつくでしょう。しかし一定期間内での営業成績(ノルマ)もあるため、なんとかして達成しなければいけません。こうした状況ゆえに精神的にストレスを抱えてしまう社員がいます。最終的にはストレスにつぶされてしまい、体調を崩すということもあります。

また体力的に激務と感じる人もいます。不動産を売るためには、お客様が動く土日や祝日に働く必要があります。そのため休日がない事や、あっても不定期であるため体をゆっくりと休めることが難しい職種でもあります。何らかの資格やスキルがあるならば多少違う可能性もありますが、冒頭で触れたように、不動産デベロッパーで働く殆どは営業社員です。自分の理想としている形で働くことができなかったり、想像以上にブラック企業であるゆえに「辞めたい」と感じることも少なくありません。

就職・転職後3年以内に仕事を辞めてしまう離職率が高いのも、不動産デベロッパーの一つの特徴となっています。不動産業界に身を置く前に、しっかりと企業研究・調査をしておきましょう。また自分がなぜ不動産業界で働きたいと考えるのか、目的意識も明確にしておくことが必要です。高収入のため、理想とする街づくりのため、独立開業するためなど人によって志望動機は異なりますが、精神的・体力的にも追い込まれた時に諦めずに仕事を続けることができるかどうかは、どこに目標を置くかでしょう。

体調を壊してしまうまで、仕事を続けてしまうとその後の転職や復職にも影響が出てしまいます。自分の限界を知っておくことも大切です。また自分には出来ないと感じた時に、意地を張って仕事を続けることもできますが、謙虚に別の業界へ転職することも賢明な方法でしょう。どの仕事でも向いている人と、そうでない人がいます。転職前に適性を判断できることが理想的ですが、出来ない時には一定期間働いた後に、客観的に自分を見れる冷静さも必要でしょう。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.