デベロッパーの転職と転勤

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と転勤

デベロッパーの転職と転勤

不動産デベロッパーは大規模な宅地造成をはじめ、リゾート開発や再開発事業などを手掛ける企業です。また、オフィスビルの建設やマンション分譲などの事業を手掛けることもあって、これらは身近な仕事なため不動産デベロッパーの仕事はこれが主と考える方も少なくないです。このように不動産に関連した業務を幅広く手掛けているので、地域密着の会社なら転勤は考えられませんが、大手企業ならば全国・海外などへの転勤の可能性も考えられます。

転勤に対する考え方には個人差があるので、一人ひとり受け止め方にも違いがあります。単なるローテーションと受け止める人もいれば、海外への転勤でもいとわないという人もいます。そのように積極的な受け止め方をする人がいる反面で、出身地や住み慣れた土地から離れることを嫌う人や転勤自体にマイナスイメージを抱いてしまっている人もいます。また、転勤辞令が発令されたら条件に関係なく承諾する人は約3割で、条件付きで承諾する人は7割といった調査データもあります。それから近年の若手社員の中には、転勤が会社を辞める理由になったり、転職を決意する理由になったりするケースもあって、それは単に若い世代に限ったことではありません。

転勤が転職理由になるような人は、エリア限定や地域限定といった転勤のない企業や職種を選択することもひとつの方法です。また全国に支店や支社がない企業を選ぶことも転勤を回避する方法のひとつになります。しかし不動産デベロッパーでは、地域密着の会社以外は各地に支店がありますし大手になれば海外に支店がある場合も考えられます。不動産デベロッパーに就職や転職を考えているのなら、ある程度は転勤という点に関しては視野に入れておく必要があります。でも、転勤がない会社や部署もあるので、どうしても転勤をしたくないと考えるのなら、条件的には厳しくなりますが絞り込んで勤め先を探すことも可能です。

ただ、転勤はマイナスイメージだけではなくて、昇進や昇給につながるケースも考えられて好ましい転勤ということも考えられることです。また住めば都という言葉があるように、ネガティブなイメージも時が経つにつれて払拭されてしまうこともあります。転勤という点だけにこだわって不動産デベロッパーへの就職や転職の選択肢を自ら狭き門にしてしまうことは損と考えることができます。不動産デベロッパーへの就職や転職を考えるのなら、ある程度転勤を受け入れる覚悟で探すことも必要です。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.