デベロッパーの転職と履歴書

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と履歴書

デベロッパーの転職と履歴書

大手・中小の不動産デベロッパーを問わず、転職を希望する際には、履歴書の提出が必須となります。これまでにも他業種にて転職を経験してきた方であれば、「前と同じ感覚で履歴書を準備して提出すれば大丈夫」と考えるかもしれません。しかし、不動産業界、不動産デベロッパーゆえに履歴書の書き方にも注意するべき点が幾つかあります。こうしたポイントを抑えて上で準備するなら、転職の第一関門である書類審査を通過できる可能性も高くなるでしょう。

不動産業界では人手不足が続いているため、優秀な人材は積極的に採用する傾向にあります。未経験者であっても転職が成功する確率はそれほど低くはありません。不動産デベロッパーも不動産という非常に高額な商品を扱う一種の販売員でもあるため、人物重視で採用している企業は少なくありません。もちろん、宅地建物取引主任者や不動産鑑定士などの資格を取得しているならば、非常に有利になるでしょう。そのため、履歴書においても自分がどれほどのヒューマンスキルを持っているのかを、上手にPRすることが大切です。それには、細かな部分までしっかりと手を抜かずに履歴書を準備することも含まれます。

その一つに履歴書を直筆で用意するか、プリントアウトするかという要素があります。応募要項などに注意書きなどがなければ、どちらで用意しても問題はないでしょう。しかし、直筆で履歴書を用意することである程度、どのような人物かということが分かってきます。綺麗に整った文字で丁寧に用意された履歴書であれば、面接担当者の評価も自然と高くなるでしょう。履歴書に書かれている文字を通しても、少なからず仕事にかける情熱や意欲を見ることはできるのです。実際に、不動産業界への転職を決めた体験談などを見ると、転職をするには年齢的に厳しいとされていたものの、直筆で丁寧に書いた履歴書を提出したことが、面接担当者の好感に繋がり採用に至ったこともあります。

直筆で履歴書を用意する場合に、十分に気を付けるべき点は誤字脱字があること、また修正液やテープを使用して修正箇所が多くなってしまうことです。直筆であるものの、修正液跡がひどい履歴書であれば、好感を与えることは難しいでしょう。間違えた場合には、書き直すことが賢明です。またパソコンで履歴書を用意しプリントアウトする場合には、文字や印刷位置がずれていないかも確認することを忘れないようにしましょう。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.