デベロッパーの年収・給料相場

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの年収・給料相場

デベロッパーの年収・給料相場

不動産デベロッパーに就職や転職を検討している方にとって、平均年収・給料相場はどれくらいなのか外せない項目で気になることです。一般的なサラリーマンの平均年収は400万円程度で、上場企業の社員であっても平均年収は500万円程と言われている中で、不動産業界の上場企業の平均年収は618万円と言われています。一般サラリーマンと比較すると200万円程度、上場企業のサラリーマンと比較しても100万円程も高い金額になっています。不動産業界の給料相場は高いというイメージを持つ人が多いことも、この数字からも理解できることです。

さらに、10年単位の年収の増え方に関しては150万円〜300万円程度と言われているので、年収1000万円を超える人が多いことも納得できることです。また、不動産デベロッパーは賞与も高い水準で、福利厚生面も充実しているので、給料相場だけでなく待遇面も優れている業界と言えます。しかし、あくまでも平均年収なので会社の規模や経営業態などの違いで収入面に大きな開きがあることも確かです。それから宅建主任など資格の有無によっても大きく年収が左右されますし、営業職はインセンティブの割合が高いので契約数によっても収入が大きく左右されます。つまり、単純に不動産デベロッパーなら高収入を得られるわけではなくて、それなりのキャリアやスキルが必要ですし、勤務先による違いもあるということです。

例えば、若い世代であっても営業成績が良ければ年収が1000万円という人もいますし、長年勤務していても営業成績が悪いと年収は低いです。また、ある程度のネームバリューがあって一般住宅を中心とした住み替えやリフォームを行う企業なら年収が600万円前後で、地方で住宅の販売をしている企業なら年収400万円程度ということもあるのです。

しかし営業力に優れた営業マンなら、努力次第で限りなく年収をアップさせていくことが可能ですし、向上心を持って働くことでスキルアップすれば年収もアップすることが可能と考えられます。また、勤務先を選択することで年収をアップすることも可能と考えることができます。自分自身の努力と向上心で不動産デベロッパー最大の魅力となる高年収を実現できる可能性を秘めているのです。不動産デベロッパーに就職や転職を検討している方は、それらの事柄を十分に理解すると共に平均年収を参考にして勤務先を選択することが大事ですし、それと共に努力を積み重ねることが大事です。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.