デベロッパーの転職と自己PR

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と自己PR

デベロッパーの転職と自己PR

不動産業界と聞くと、取引金額や契約の多さ、行政との関わりなど、複雑な業務が多いと感じるかもしれません。そのなかで不動産デベロッパーへの転職を考えている人にとっては、どんなスキルや経験が転職に有利になるのか、自分のどの部分をアピールするべきなのかで悩むことでしょう。そもそも、収入面の条件が良いことなどで不動産業界への転職を希望する人は少なくありませんが、不動産業界にも数多くの職種が存在します。その中で、不動産デベロッパーという職種の存在や、業務内容に精通しているというだけでも自己PRとなり得るのです。まず、不動産デベロッパーの存在価値と、存在意義に注目する事が大切です。

他業種からの転職である場合、自分のどんなスキルをPRすることができるかと不安になるでしょう。既に不動産業界で数年間でも経験を積んでいるならば、知識やスキルをアピールできるでしょう。また不動産業界に関わる資格、宅地建物取扱主任者、不動産鑑定士、土地家屋調査士などを取得しているならば、非常に大きなPRポイントとなるでしょう。

覚えておきたいのは、前職までの経験やスキルは不動産業界に関わることに限らずアピールすることができます。採用担当者も、不動産業界については様々な知識や経験をもっていますが、他業種であればそこまで知識は深くないでしょう。これまでに培ったスキルや経験を今後、不動産デベロッパーとしてどのように活用していけると考えているのかを伝えましょう。大切なのは、自信を持って明確に話すことです。自信のない曖昧な態度はマイナスポイントとなってしまいます。

PRすることができるのは、経験や知識、資格や技術だけではありません。業務への取り組み方や進め方なども重要なポイントです。忘れずにしっかりとアピールしましょう。不動産デベロッパーとして重要視されるのは、業務遂行のためのコミュニケーション能力です。どのような職種で仕事をするにしても、取引先やお客様とのコミュニケーションが上手に取れなければ、持っている知識や経験は意味をなさなくなってしまいます。とりわけ、プロジェクトを進めるために意見を取りまとめ、期日までに業務を完了させる方針を打ち出せる、コミュニケーション能力が必要とされています。アピールすることができるのは、これまでに関わった業務において、難しい場面でどのように対処したのかです。チームワークを強め、チームを牽引した方法などは、業種が違っても共通して重要な要素となるでしょう。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.