デベロッパーの転職と福利厚生

デベロッパー求人TOP >> デベロッパーの転職の基礎 >> デベロッパーの転職と福利厚生

デベロッパーの転職と福利厚生

一般的なサラリーマンに比べて給与水準が高いことから、不動産業界へ就職・転職を希望する人は多くいます。不動産業界のなかでも、とりわけ不動産デベロッパーの求人は高収入だけでなく、高待遇であるものが多くなっています。つまり給与という金銭ではなく、社員の福祉に還元される福利厚生が充実しているということです。特に財閥系や電鉄系の不動産デベロッパーでは、業界の中でも頭一つ抜きん出る傾向があります。大手と中小規模の企業では、収入だけでなく福利厚生面でも差が生じてしまいます。転職先を決めるまえには、福利厚生がどれほど充実しているかも一つのポイントとして抑えておきましょう。

例えば大手不動産デベロッパーでは、系列企業やグループ企業で利用することができる割引や、ホテルや保養所の無料宿泊、娯楽施設の利用などが福利厚生に含まれています。また企業内に設置されている無料のカフェテリアやバーの利用など、魅力的な特典が多くあります。精神的にもストレスが溜まる業種でもあるため、専門の産業医やカウンセラーが常駐している企業も少なくありません。仕事の現場では最大限能力を発揮することができるように、体と心を休めることができる空間を設けることが大手企業では珍しくありません。もちろん、その分の成果や業績を残すことは要求されています。

最近では不動産デベロッパーで働く女性も、一昔前よりも多くなっています。そのため女性が働きやすい環境を提供することも、大きな要素となっています。30代前後では結婚や育児ゆえに休職する女性社員も少なくありません。そこで産休や育休制度を充実させることで、心置きなく仕事を休職することができます。また復職する際にも、以前と同じように現場の第一線に身を置くことができます。

男女を問わずに優秀・有能な人材を確保することが必須となっています。そのためには高収入だけでは十分ではありません。社員一人一人が働きやすく、やる気を奮い立たせることができる環境を提供しなければいけません。こうした制度が最終的には企業の利益として還元されることになります。福利厚生が充実している大手企業では、離職率が低く、社員の平均勤続年数が長いという特徴もあります。転職先を選定する際には、平均勤続年数に注目してみることもできるでしょう。離職率が高い不動産業界を考えると、15年以上の勤続年数があれば充実した環境で働くことができる一つの指数と見なすことができます。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.