20代向けのデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 20代向けのデベロッパーの求人

20代向けのデベロッパーの求人

不動産デベロッパーへの転職を考えて活動していると、求人募集の条件内容として経験者優遇・第二新卒可・既卒不可などの記載があるケースもみられます。この経験者・第二新卒・既卒という言葉は、20代の転職希望者にも関係してくる言葉で20代向けの不動産デベロッパーの求人をチェックしているのなら理解しておく必要があります。

経験者とは3年以上の社会人経験がある人のことを示しているので、20代半ばから後半でも該当しますが、同様に30代以上の方も該当してきます。経験者優遇と掲載していることは、会社として即戦力になる人材を求めていることであり、特に不動産デベロッパーは業務内容的にも即戦力になる人材を求めるケースが多いです。その点を考えると20代半ばから後半では、不動産業界での経験は浅いと判断されることも考えられるので、その点を理解して挑戦することが大切です。

第二新卒とは卒業後に就職したけれども1年から3年以内に退職して転職を考えている人で、社会人経験が経験者よりも短い人を対象としている言葉です。実は不動産デベロッパーでは、若さとポテンシャルがある第二新卒に注目している企業が多いのです。それは、企業から見て新卒者より教育面でのコストが削減できるメリットがあって、しかも短い経験であっても社会人としての常識・マナーを身に付けているからです。また、若いことから企業の雰囲気に馴染みやすいなど柔軟性と順応性の点を企業は第二新卒に期待するのです。それらを考慮すると20代向けの求人情報を探している方にとっては、第二新卒可という言葉は注目する必要があります。また第二新卒に対しては、企業側としても経験者ほど業務上の技術やスキル面を重要視しないので、第二新卒可と記載されている求人情報は狙い目と考えることが可能です。就職して短い期間で退職したことをマイナスなことと考える必要はありません。

既卒とは卒業したけれども就職をしていない人のことで、社会人経験を積むこともなく年齢だけを重ねてしまっていると言えます。不動産デベロッパーに限ったことではありませんが、卒業して短い期間であっても社会人経験を積んでいる第二新卒と比較して、企業側が受ける印象は大きく違うと言えます。転職市場において第二新卒よりも不利になってしまう可能性は大きいと考えておく必要があります。ただし、企業によっては独自の定義を持っているケースも考えられるので、既卒不可という条件記載がない場合には、既卒であっても可能性はゼロではありません。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.