第二新卒のデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 第二新卒のデベロッパーの求人

第二新卒のデベロッパーの求人

大学などを卒業して一度就職したけれども1年未満から3年程度の短い期間で離職して転職活動をする若手の求職者を第二新卒と呼ぶことがあります。新卒時に本命だった企業が不採用だったために早期の転職を考えるケースや、漠然とした考えで就職したため異なる業界や企業に就職したいと考えるケースなど、第二新卒になる理由は様々です。ただ、早期・短期で転職することでマイナスイメージにつながることや、年齢的なハンディキャップについて心配される方も少なくないです。しかし、そのようなことを気にするのは転職活動に取り掛かった時点だけで、入社後は考え過ぎだったことに気づきます。

その理由は、どこの企業でも転職したいと考える第二新卒の採用に対して積極的なのです。中途採用する企業は経験やスキルを重要視されると一般的に考えられていますが、第二新卒の採用に対する企業側の考えは違います。キャリアを持った転職希望者と比較して社会経験は少なくても、その分柔軟性に優れていて企業風土に馴染みやすいですし、若いことから能力開発の余地も大きいと判断します。また、新卒者と違って短くても社会人経験があるために、常識や一定のビジネススキルを備えている点も魅力として感じていますし、ミスマッチも最小限に抑えられると判断しているのです。このようなことから第二新卒に対する期待も大きくて採用に対しても積極的なのです。

これは不動産デベロッパーにおいても同様のことが言えるので、第二新卒を対象とした求人情報も多く存在しています。また不動産デベロッパーは、物件の企画・土地取得・設計や建設・販売などの業務を行っていて、一大プロジェクトに関係する仕事なので、第二新卒者にとっても魅力ある仕事と言えます。第二新卒を対象とした求人情報があって、第二新卒者にとっても魅力ある仕事なので情報を収集して挑戦してみると良いです。また不動産デベロッパーの求人は主に営業職が多いので、異業種からの転職でも即戦力として働くことも可能ですし、成績によっては高収入も見込めます。

ただ、多くの転職希望者が注目している業種ですし、求人情報の中にはキャリアや資格が求められるケースもあります。その点を理解しておくことも大切ですし、企業によっては資格取得者が優遇されるケースや引く手あまたということがあるので、必要とされる資格取得に挑戦して転職するのもひとつの方法です。まだ若い第二新卒ならではの挑戦という形も可能です。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.