総合職のデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 総合職のデベロッパーの求人

総合職のデベロッパーの求人

長期キャリアを活かして不動産デベロッパーの総合職への転職を希望する方もいます。総合職ということで様々な業務に従事する可能性が考えられるので、想定される業務内容を理解しておく必要があります。また、業務内容と共に求められる人材内容を理解しておくことは転職を成功させるカギになります。

想定される業務内容としては、オフィス・商業施設などの開発事業や都市開発事業の企画提案・開発業務があります。また用地取得から商品企画・住戸プランニングを含め、マーケティング・広告宣伝・販売戦略・事業推進などの住宅開発事業もあります。さらにリゾート施設の開発や運営をはじめとするリゾート事業がありますし、新規事業立案や不動産の仲介・コンサルティングなどもあります。その他にもオフィスビル事業・不動産証券化・不動産鑑定事業などもあります。ただし、これらはあくまでも想定される業務内容であって企業によって違いがあるので、求人情報で総合職という点だけを見るのではなくて業務内容の詳細を確認することが必要です。

どのような人材が求められているかについては、様々な個性が集結することで企業・組織が強くなると考えられているので、不動産デベロッパーの総合職に求める人材像の定型というのはありません。不動産デベロッパーということでひとりでバリバリ仕事をするイメージやパワフルな人が多いイメージがあります。しかし総合職の業務内容からも理解できるように、チームとして最大限の成果を発揮することが大切になります。その為に個人の力を発揮する積極性も大事ですが、社内・社外の関係者をまとめるコミュニケーション能力も必要で、情熱と傾聴力が重視される傾向があります。特に求める人材像は設けていないと言われていますが、このような点を理解して自分の適性と企業の求める人材を見極めることも大事です。

不動産デベロッパーの総合職への転職を考えている方は、採用試験対策をしておくことも大切なポイントになります。企業で違いはありますが、複数回の面接の中で協力して大規模プロジェクトを推進できる協調性は基本的に見られます。また、総合職としての適性も判断されることになるので、採用試験対策としては面接時にこれらの点をクリアできるようにすることが必要です。転職者を対象とした不動産デベロッパーの総合職の求人もいろいろとあるので、これらのことをしっかりと理解し適切な対策を練って挑戦すると良いです。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.