英語力が活かせるデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 英語力が活かせるデベロッパーの求人

英語力が活かせるデベロッパーの求人

英語力を活かせる仕事をしたいと言っても仕事内容は多種多様で、意外と気づいていない業界や仕事でも活躍のチャンスがあります。不動産関連の仕事にも英語力が必要となる職場があって、英語力が活かせる転職先を探すことも可能です。そこで、英語力を活かせる不動産関連の仕事にはどのような求人情報があって、転職する際に求められるレベルはどの程度なのか知っておくことも必要です。

英語力が必要で活かすことができる不動産関連の仕事内容としては、大きく3つの方向性に分類することが可能です。不動産ファンドや収益不動産の購入・売却、不動産投資に関するコンサルティングなどの投資会社や金融関係があります。2つ目は賃貸物件の管理や新規物件の開発を行う不動産デベロッパーで、3つ目としては外資消費財メーカーで店舗の出店や賃貸契約の交渉に携わる仕事とテナント管理職です。このように英語力が活かせる不動産関連の仕事と一口にいっても、業種や実務内容には違いがあるので、自分に適したものを見極める必要があります。

次に、どの程度の英語力レベルが転職する際に求められるかです。不動産デベロッパーをはじめ英語力が活かせる不動産関連の主な仕事内容は、コンサルタント・営業・マーケティングと考えることができます。これらの業務で必要とされる英語力レベルについては、コンサルタントは顧客のビジネスや要望を理解する上でも、最新の知識を吸収するためにも英語力は求められます。また、専門分野に対してハイスペックな知識が求められるケースも多いので、中級レベルや上級レベルが求められます。

営業という面では、英語のメールや資料の読解力や作成力が必要ですし、日常的にビジネス会話が必要となるので、中級レベル以上の英語力が前提になりますし、実践的スキルが重視されます。マーケティングでは、海外の調査レポートを読むため、中級レベルや上級レベルが求められますし、第二外国語の活用も豊富なので中国語やタイ語などの語学力が求められることもあります。このように不動産デベロッパーなどで英語力を活かせる仕事をしたいと転職するのなら、最低限中級レベル以上の英語力が必要ということを理解しておくことです。

英語力が活かせる不動産デベロッパーとして外資系企業も含まれてきます。国内企業なら11月頃から転職活動に動く方が多く見られますが、外資系企業では多少動きが違うところもあります。ライバルに遅れを取らないよう転職市場の動きを見極めると共に早めの活動が必要です。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.