外資系のデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 外資系のデベロッパーの求人

外資系のデベロッパーの求人

他業種と同じように、不動産業界においても外資系企業の成長は注目を集めています。一般的に内資系企業に比べると高収入、福利厚生の充実、海外勤務など魅力的な要素が多いことから、若手の転職者が希望する傾向が見られています。とりわけこれまで不動産デベロッパーでの勤務経験を通して、ある程度の知識や業績を積むことで不動産業界で今後も活躍することを考える時に、条件の良い外資系企業へ転職が選択肢として挙げられます。また自分の営業力や英語力を試したいと考える人も多いようです。

外資系不動産デベロッパーへ転職する際には、英語力が必須となります。国内の支社や営業所で勤務する場合でも、最終的な決定事項などは本社がある海外からのものとなります。また報告書や連絡事項などのやり取りも英語が必要とされるでしょう。読み、書き、話し、聞くといった総合的な英語力が求められる場面に多々直面するでしょう。また海外支社での勤務になると、ハイレベルな英語力が求められます。企業によってはTOEICの具体的なスコアを応募要項に記載することもあります。また英語力に加えて、これまでに不動産業界での経験やスキルを確認されることもあります。新卒者や第二新卒での就職・転職は難しいのが現実です。

外資系企業で働く際に収入が良いのは、成果主義を採用している企業が多くあるためです。内資系企業では、年功序列制で収入が変化するため仕事での成績が良くても悪くても、勤続年数が多くなると比例して収入も上がります。外資系では、成績が悪いと収入は上がりませんし、最悪の場合には解雇になる可能性もあります。常に成果を出し続けなければいけないのです。そのため外資系企業で働く人の平均勤続年数はそれほど長くはありません。営業成績が残せずに辞める人もいますし、外資系企業でスキルを身につけて更に別の業界へ転職したり独立したりと理由は様々です。

不動産デベロッパーへの転職を考えている際には、どのようなスタイルで働くかを具体的にすることで、外資系か内資系かを決めるヒントとなるでしょう。もし長期間にわたり不動産業界で働きたいと考えるのであれば、社員の平均勤続年数が長い企業を選ぶことも賢明です。不満がなく働きやすい環境が用意されているからです。一方で、自分のスキルを試したい人や短期間で高収入を得たいと考えるのであれば、外資系もおすすめです。しかし想像以上に外資系企業での勤務は、ハードワークになる可能性も忘れずに覚えておきましょう。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.