一般職のデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 一般職のデベロッパーの求人

一般職のデベロッパーの求人

不動産デベロッパーへの転職を考えている方の中には、総合職を希望する方もいれば一般職を希望する方もいます。総合職とは総合的な判断を必要とする基幹的業務で、不動産デベロッパーでは開発分譲事業に関する業務・海外事業に関する業務・販売受託事業に関する業務など様々あります。一方一般職というのは主に総合職を補佐する業務で、営業事務・一般事務・秘書・経理事務などの事務職が一般的です。

不動産デベロッパーの求人を探すと、基幹的業務を実施する総合職の募集が多いように感じます。総合職は不動産デベロッパーの花形的な業務であると共に、激務になることが多いため退職者が多いことが要因のひとつになっていると考えられます。一方の一般職は事務職ということもあって人材の出入りが激しくないため、総合職と比較すると求人は少ないです。ただ、総合職の求人と一緒に掲載されるパターンなどもあって、不動産デベロッパーの一般職に転職することも可能です。

一般職を希望して転職するのなら、一般職と総合職を比較した場合のメリット・デメリットについて理解しておくことも必要です。メリットとしては総合職の方が業務内容的に負う責任が多いですが、一般職は補佐する業務なので責任の度合いは低いです。総合職の場合、配置転換や職種転換などがある可能性が高いですし、事業所や支社に転勤することもありますが、一般職では異動や転勤の可能性はありません。デメリットとしては、基本的に総合職の方が基本給は高めに設定されていますし、昇給の幅にも違いがあって収入は一般職の方が低くなってしまいます。一般職は業務内容の評価基準が曖昧なために、なかなか評価がされにくいという点もデメリットとしてあります。

不動産デベロッパーの一般職に転職しようと考えているのなら、どのような人材が求められているのかを知っておくことも必要です。一般的に、相手のことが考えられて先回りして行動できる人、周囲に対して気配りができる人、依頼された仕事を快く引き受けてくれる人です。転職を成功させるためには、それらの点をアピールできると良いです。ただし、企業や業務内容によって違いがあるケースも考えられるので、その点には注意が必要です。

企業によって違いがあるので一概に言えることではありませんが、一般職と総合職で選考の時期が異なるケースもあります。先に総合職を選考して、ある程度選考が一段落してから一般職の選考を行う企業が多く、総合職の求人は2月からで一般職は4月からということがあります。このように企業によって選考時期をずらしていることもあるので、求人募集を確認する時には注意して確認することも大切です。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.