既卒okのデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 既卒okのデベロッパーの求人

既卒okのデベロッパーの求人

不動産業界において、既卒者が応募可能な業種はすくなくありません。不動産デベロッパーもその一つです。もちろん、少なからず就職して社会人経験を持っている第二新卒やこれから大学を卒業して就職する新卒者に比べるならば、不利になってしまう部分も少なくありません。しかし大手、中小の不動産デベロッパーでは既卒不可という条件記載がなければ、応募は可能です。就職できる可能性も決して薄くはないでしょう。

不動産デベロッパーは体力的にも精神的にも負担が大きい業種と言われています。長時間勤務であったり、お客様が多くなる土日や祝日は休みになることは殆どないでしょ。成果主義を採用する企業も多いため、どれだけ努力しても営業成績という数字で成果を出すことができなければ、精神的に追い込まれていくでしょう。しかしこうした部分は新卒者であっても、既卒者であっても同じ条件です。体力面、精神面で強靭であればその部分をアピールポイントとすることもできるでしょう。また一定期間の勉強は必要とされますが、宅地建物取引士などの資格を取得しておくならば、就職には有利になるでしょう。また自動車免許は必須となる企業が多くあります。

取引金額が高額になり、専門的な知識が必要というイメージが強い不動産デベロッパーですが、職種によっては未経験者であっても就職・転職することができます。既卒者にとって、就職しやすい職種は賃貸の営業職です。簡単に言えれば、部屋を借りたいお客様のためのお部屋探しをお手伝いする仕事です。入れ替わりが激しい職種でもあるため、それなりの覚悟が必要ですが、タイミングが良ければ大手企業に就職することもできます。お客様も大学生や単身者など、若年層のお客様を相手にすることも多い傾向にあります。そのため企業側も若手を営業担当者としています。コミュニケーション能力さえ問題がなければ、既卒者であっても十分に就職可能です。実務年数や知識、経験を積んでいけば、社内で別の部署に異動し、さらに高額案件を扱うことも可能でしょう。

不動産デベロッパーでは人手不足が続いているため、新卒、既卒を問わずに、優秀な人材を積極的に採用しています。既卒者にとって重要なのは、面接時にコミュニケーション能力や好感度をしっかりとアピールすることでしょう。「自分は既卒者だから」という劣等感をもっていると、面接担当者にも伝わってしまうものです。これまでの空白期間をどのように活用してきたかを、積極的な視点で説明できれば既卒者というマイナスポイントは問題ないでしょう。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.