未経験okのデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 未経験okのデベロッパーの求人

未経験okのデベロッパーの求人

不動産デベロッパーは、人の出入りが激しい業種でもあるため、未経験者であっても転職するチャンスは沢山あります。人の出入りが激しいということは、仕事が激務で辞めてしまうという側面でもありますが、厳しい競争の中で結果を残した人にとっては、より大きな責任が任され、高収入を得ることもできる環境であるといえます。つまり、経験者・未経験者を問わずに優秀・有能な人材を確保し、競争社会の中で成長できる人材を企業は使いたいと考えています。

未経験者が不動産デベロッパーへ転職を希望する場合には、研修・教育体制が充実している大手不動産デベロッパーへの転職が賢明とされています。中小規模の企業では、時間とコスト削減のために人材育成に大手ほどに力を入れていない傾向があります。即戦力とされるキャリアを採用することが多く見られています。もちろん、大手企業であれば人気もあり応募者も殺到することもあるため、転職成功のハードルは高くなってしまいます。「未経験者だから」と臆することなく、積極的に挑戦してみることが成功への道につながります。

未経験者にとって、転職のハードルが比較的低く設定されているのが、営業職です。営業職であれば、不動産業界ではなくても前職までの職歴で経験している可能性もあるでしょう。取り扱う商品が不動産という高額になりますが、基本的には求められるスキルや資質は同じと考えることができます。あらゆる年齢層のお客様とコミュニケーションを取ることができる能力は必要不可欠です。不動産デベロッパーにおいては、これまでの職歴に関わらずコミュニケーション能力を見て、採用の可否を決定する企業も少なくありません。面接試験の際には、前職までにこのスキルをどのように培い発揮してきたか、今後どのように不動産業界で活用したいと考えているのかを明確に伝えましょう。面接試験は、自分のコミュニケーション能力をアピールするまたとない機会です。

例え不動産デベロッパーでの実務経験がなくても、転職後のキャリアプランについては事前に考えておきましょう。高給が可能なので、短期的に働いて別の業種への転職を考えるのか、それとも長期的に不動産デベロッパーとして働いていくのかによってプランも大きくことなるでしょう。営業職や賃貸仲介など、未経験者でも転職しやすい職種からはじめて、その後はどんな資格を取得するのか、どの職種で働くことを希望するのかは考えておきましょう。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.