激務でないデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 激務でないデベロッパーの求人

激務でないデベロッパーの求人

不動産デベロッパーの仕事内容は多岐にわたりますが、用地取得・土地開発・建設・販売が主なものになります。また、不動産デベロッパーに勤務する方の6割以上が営業職で、用地取得や分譲などの販売系の仕事をしていることから不動産デベロッパーは激務だとされています。実際、分譲マンションの販売を担当すると週末・祝日に休むことができなく休日出勤が中心となりますし、オープンからクローズまで常駐するため拘束時間は長いです。また、説明するための資料作成や見込み客リストの作成などの事務的な仕事や、顧客へのフォローなど休む暇もない程の仕事をこなすことになります。激務かどうかは個人の考え方で違いがあるでしょうが、一般的に考えると激務と言える業務内容です。

このような激務にも耐えられる体力と気力があればいいのですが、中には激務続きで体調を崩す方もいます。体調を壊し療養生活を過ごして復帰した時に、以前と同様に仕事ができる環境なら良いですが、多くの場合花形的な部署から閑職に追いやられるケースが多いです。このように激務で思い通りの休みが取れないことや、体調を崩してしまうことで転職を検討する方も少なくないです。転職理由が激務ですから転職先に対する仕事内容への期待としては、激務でない不動産デベロッパーということになります。

ただ、不動産デベロッパーの業務内容から考えて激務でない不動産デベロッパーの求人などないと考える方も多いです。しかし、会社の規模や部署によっては激務でない不動産デベロッパーの求人があることも確かです。そこでポイントになってくるのが資格やスキルで、取得している資格によっては激務でない部署で活躍することも可能です。

不動産デベロッパーの営業職は離職率が高くて、十数名採用しても数年後には数人しか残らないと言われています。その背景にあるのは、営業成績が全ての能力至上主義のために、成績をアップするためにはどうしても激務に耐えるしかないためです。それでも不動産デベロッパーの営業職が向いている人にとっては、高収入が得られる魅力もあるので良い職場と考えられる面もあります。

図太い人間性で数人に食い込むのか、資格やスキルを活かして転職するのかは考え方次第で、どのような形で仕事を味方にできるかです。いずれにしても激務でない不動産デベロッパーの求人は稀ですがあるので、希望するのなら諦めずに様々な情報を収集して探すことです。自分に適した職場は必ずあるのでチャレンジすることです。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.