中小のデベロッパーの求人

デベロッパー求人TOP >> 条件別のデベロッパーの求人 >> 中小のデベロッパーの求人

中小のデベロッパーの求人

不動産デベロッパーへの就職や転職を考えている方の中には、大手企業を重視して探すのか、中小企業を中心に探すのかで迷っている方もいます。様々な見解があるでしょうし、年齢によっても見解に違いがあるでしょうが、一般的な大手と中小との違いを知っておくと選択する際の参考になります。

大手の不動産デベロッパーの良いところは、家賃手当・扶養手当・年金退職金制度・出張手当・財形貯蓄・保養施設利用権など、福利厚生に関する面が充実している点があります。また都心のビルにオフィスを構えていて、通勤に便利ですしオフィス設備が揃っている点や、フレックス出社制度・産休・育児休暇など子供を産み育てやすい制度が充実していて女性が働きやすいという点があります。長年勤務している人が多いことから将来の収入や待遇などを知ることができますし、労働時間や休日などの点で法令遵守の意識が高いという点も良いと感じられることです。

一方中小の不動産デベロッパーの良いところは、自分で担当する仕事に関しては自分で判断・決定ができるという点があります。ただ、誰も責任を取ってくれることがないので、その点がプレッシャーになる可能性も考えられますが、大きなやりがいにはつながることは確かです。また、社員一人ひとりのハングリー精神が高くて、勉強熱心で真剣に仕事に取り組む姿勢が見られる点があります。社員数が少ないことから努力次第で経営に携わるチャンスを得られる可能性が高いという点もあります。このような違いがあると言えるので、ひとつの参考として就職や転職の時に役立てるのも良いです。

また、求人内容や求人数にも大手と中小では違いがあります。大手は次世代を担う若手のニーズが中心で新卒者の採用が多かったのですが、中途採用にも乗り出していて50代以上や定年者を対象とした契約社員採用なども実施されています。中小の求人は地域に根ざし業績をアップしている施工会社では、施工管理の人材強化を重点に実施されています。また、自社ビルを経営の中心とする中小の会社は経験者の求人に力を入れている一方で、社員の年齢層が高い企業では若手の人材確保に力を入れる傾向にあります。中小の不動産会社は中古物件の仕入れや転売に力を入れている傾向があって、それらの営業担当者を求めています。このように求人に関しても大手の不動産デベロッパーと中小の不動産デベロッパーで違いがあるので、その違いを理解して自身が求める就職・転職先を探すと良いです。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.