コスモスイニシアの採用情報

デベロッパー求人TOP >> 人気のデベロッパーの採用情報 >> コスモスイニシア

コスモスイニシアの採用情報

コスモスイニシアの中途採用は「総合職」と「専門職」の2つの職種があります。「総合職」はビジネスプロデューサーという仕事で、不動産系、不動産営業系、事業拡大系、管理系の4つの事業に分かれています。不動産系では企画開発、建築、販売の3つの部門があり、企画開発では収支を考えながら事業用地を取り、建築では不動産の設計・監理を行い、販売では市場調査、価格設定、広告を扱います。

不動産営業系は幅広い顧客に物件を仲介したり、投資向けの物件を開発したり、投資向けの物件についてコンサルティングを行ったりするのが仕事です。それから事業拡大系では既存の不動産物件の価値を底上げするなどの企画、提案を行っていきます。また管理系では不動産系、不動産営業系、事業拡大系の事業を総務、人事、経理、経営の面からサポートしていきます。

ちなみに転職後、これらのどの事業を任せられるかは当人の希望、経験、能力によって決まります。配属後は同じ事業を続けなければならないわけではなく、自己申告制度を使って別の事業に行くこともできます。

コスモスイニシアの「総合職」で求められるのは「意欲、向上心があり、度胸があって責任のある仕事もできること」や「自立していて的確なインプットとアウトプットができること」などです。コスモスイニシアは社員との価値観が合っているかどうかを重視しており、望む方向性が同じであれば他の条件はそれほど気にしないとしています。

「専門職」の職種についてですが、リビングアドバイザーという仕事になります。リビングアドバイザーには「新築」と「仲介」の2部門があります。「新築」ではマンションや一戸建てのモデルルームが職場です。モデルルームにはその住居に興味のある人が訪れるわけですが、そういったお客たちに対してさまざまなサポートを行います。配属直後は接客を主に行いますが、やる気があれば別の仕事を行うこともできます。

「仲介」の部門では住み替えを考えている顧客のサポートを行うのが仕事です。住み替えをするには今住んでいる物件の売却と、これから住もうとしている物件の購入が必須なので、その取引が円滑にいくようにします。

リビングアドバイザーに求められることは、コミュニケーション能力、顧客側の視点から物を見る能力、意欲・向上心です。必要な資格は特にありませんが、リビングアドバイザーは接客がメインの職種なので、接客の経験があると即戦力として役立ちます。

デベロッパーの転職に有利!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア
リクルートエージェント 無料 全国



Copyright (C) 2015-2022 デベロッパー求人ガイド【※不動産業界で転職しよう】 All Rights Reserved.